おばさんが言うわよ!

昭和、平成、令和を図太く生きてきたおばさんです。自分のことを棚に上げてひとこと言わせてください。

父の余命はあと数日 病院の面会はたった5分

f:id:godwasword:20200703173002j:plain

実家の母から連絡があり、父の余命はあと数日とのこと。

父は90歳。

昨年から認知症施設に入所していた。

入所時の健康診断で末期の肺癌が見つかった。高齢のため進行が遅く、見た目には何の症状もなかった。

 

一昨日、施設側が父の異変に気づき、病院へ連れて行ってくれた。

医師によると、肺癌はステージ4、癌細胞は肝臓にまで転移しおり、余命は1ヶ月もないとのことだ。

 

戦前生まれの父は、昔ながらの野菜中心の食事、適度な運動、酒もタバコもなし、早寝早起きの規則正しい生活を好んだ。

 

それでも認知症とがんに冒されるのだ。

健康にあれこれ気を使って生きることがバカバカしくなる。

 

父は90歳まで生きたのだから、もう十分だと思う。

父は85歳ごろからアルツハイマー認知症の症状が出始め、どんどん悪化していった。

父の妄想、妄言、激昂、徘徊、排泄障害、異常行動に振り回された母は、ストレスで疲弊し、父への殺意まで感じていた。

 

認知症の自宅介護は、はっきり言って無理である。介護者の精神が崩壊する。

施設にお世話になることを考えるべきである。

 

しかし施設探しはそう簡単ではない。

向こうから「さあどうぞ、いらっしゃい」と手招きしてくれるわけではない。

 

ようやく入所できた時は心の底から安堵した。

その頃は、父は家族のことも自分のこともわからなくなっていた。

父は別人となった。

家族は疲れ果ててしまい、早く父のお迎えが来ればいいとさえ思った。

 

これが認知症である。

 

何もわからなくなってしまった父は、人生の最後において後悔も満足も何もないだろう。

そのほうがかえって幸せかもしれない。

 

生きているうちに会いに行くことにした。

コロナの影響で、病院での面会は家族のみ。それも5分までだそうだ。

たった5分のために、1日かけて帰省しなければならない。

 

だけどそれが最後になるだろう。

命ある父に会うのは。 

昨夜の火球 破裂音を聞きました

 

f:id:godwasword:20200702081538j:plain

昨夜午前2:32分ごろ、関東上空に極めて大きな流れ星(火球)が流れたそうです。

数分後には爆発音も聞こえたとのこと。

 

その時私は寝ていたのですが、遠くでドド〜ンと雷のような音が聞こえたので、目が覚めました。

 

昨夜は雨が降っており、天気が悪かったので、てっきり雷でも鳴ったのだろうと思い、時計を見たら2:34分頃だったような気がします。

 

そのことはすっかり忘れていましたが、今朝のニュースを見て思い出しました。

雷だと思っていたあの音は、火球の破裂音だったのです。

 

流れ星は、宇宙を漂うちりが地球の大気とぶつかって光る現象。

大きなものが地上まで落ちてくると隕石(いんせき)と呼ばれるそうです。

 

昨夜の火球は隕石となってどこかに落ちたのかな。

 

聖書によると、世の終わりには大地震、戦争、疫病の流行、飢饉、大恐慌など、いろいろな恐ろしいことが起きると書いてあります。

 

すでに起こり始めていますよね。

 

その中でこのように預言されている箇所があります。

「天の星が地上に落ちる。それはいちじくが大風に揺られて、青い実を振り落とすようである。」

 

天の星とは火球のことだと思います。

この火球が、バラバラと爆弾のように地上に降ってくるという天変地異が起こるのでしょう。

 

昨夜の火球は予兆であり警告なのかもしれませんね。

 

ボーッとした性格だと思う バスチーの名前の由来に気づく

f:id:godwasword:20200701191255j:plain

 

在宅勤務は間違いなく運動不足を招く。
通勤していた頃は、少なくとも往復30分は歩いていたし、オフィス内もけっこう歩いていいた。

 

ところが今はどうだ。

一日中、家にこもりきりで外に出ない日が多い。

出たとしても、徒歩3分の近所のスーパーを往復するだけ。

座っている時間が長い人は寿命が短いという研究結果がある。

更年期を迎えて以来血糖値が高くなり、検査数値は毎回警告レベル。

さすがにこれじゃヤバイと思う。

f:id:godwasword:20200701195113j:plain

今朝は仕事の前に30分ほどウオーキングをした。

帰りにローソンでバスチーを買う。

在宅勤務のおやつに食べた。

血糖値が高いというのに何をしているのだろう。

 

長生きはしたくないと言いながら、健康が気になる。

気になるのに、本気でなんとかしようとはしない。

 

考えてみれば、人生ずーっとこんな感じだった。

やることなすことが全て中途半端。

 

ボーッとしてるうちに毎日がどんどん後ろへ流されて行った。

今日もあっという間に過ぎ去ってしまった。

 

あれっ!?

バスチーって、もしかしてバスク風チーズケーキの省略?

今頃気づきましたわ。

だからいつもボーッとしてるんだな。。。

 

 

 

60歳を目の前にして考えること

f:id:godwasword:20200630212726j:plain

 

今日みたいな雨の夜は、ぼんやりと自分の人生について眺めてみたりする。

来年は60歳。よくぞここまで生きてきたと思う。

 

子供の頃からケガと病気には縁がなく、入院したことは一度もない。

事故に遭ったこともないし、火事、盗難、失業などの災いに遭ったこともなかった。

大人になって自分で収入を得るようになったら、やりたいことは何でもできたし、買いたい物は何でも買えた。

 

それはとても幸福なことだと思う。

だけど、この年になったからこそ感じることがある。

 

私はいろんなことをかじったが、一所懸命やり遂げたという記憶はない。

情熱を持ってやり続けているものがない。

どん底を経験したことがない。

「自分と戦って這い上がる」という経験もない。

 

そこそこ恵まれているということが、本当に幸せなことなのだろうか???

死ぬ時に、「神様、私頑張ったよ!」と胸を張って言えるのだろうか。

そんなことを思うようになってきた。

 

だからと言って今さら苦労は買いたくないし。

まっ、買わなくてもこの先老いるにつれて苦労は向こうからやって来るだろう。

 

こんなことが考えられる。

親の介護に夫の介護、自分の病気、お一人さまの兄妹たちの面倒、少ない年金のことなど。

苦労のオンパレードだ。

 

あとどれだけ生きられるかわからないけど、同世代の人たちはどんなこと思っているのかな。

 

 

猫に表彰状 かわいいニュースにホッとする

f:id:godwasword:20200629110225j:plain

何かと暗いニュースばかりの今日この頃、こんなかわいいニュースを聞いてホッとしました。

用水路をじっと見つめる猫を不思議に思った住民が、猫に近寄ってみると、用水路の中に倒れていた男性を発見。近所の人たちと一緒に救助しました。

救助した住民たちと一緒に、猫も警察から表彰されました。表彰記念品はキャットフード。

警察の粋な計らいに心が和みます。

飼い主に抱かれた猫ちゃんが、周囲を警戒しながらキョロキョロしている姿がかわいい。

 

【人命救助のきっかけの猫も表彰】

BBTWEB | 富山テレビ放送 ライブBBT

 

今回ニュースになった富山県は私の郷里。

富山県は稲作が盛んで水田が多いため、用水路が縦横無尽に張り巡らされています。

私の実家も田んぼの真ん中にあって、家の敷地を用水路が囲んでいます。

富山県では用水路への転落死亡事故はしょっちゅうで、確か全国ワースト1だったような。。。

水深は浅くても水の流れが速く、転落した体が水をせき止め、あっという間に水量が膨らんで溺死してしまうのです。

高齢者が多いので、認知症患者が徘徊して転落するケースが多いようです。

 

雨の朝、ドトールのミラノサンドCで夫婦2人きりの朝食

f:id:godwasword:20200628105455j:plain

 

ドトール

ミラノサンドC』: スモークチキンと半熟たまご 味噌ジンジャーソース

           420円(テイクアウト)

卵は半熟だか固ゆでなのかよくわからない。ソースは、味噌もジンジャーもよくわからない。スモークチキンもガツンとくる味ではない。だけど全体的に美味しい。まっ、こんなもんでしょ。

 

今日は朝から雨。

昨日の蒸し暑さとは打って変わって、ひんやりとしている。

 

窓を開けたまま、扇風機をつけっ放しで寝ていたので、寒くて目が覚めた。

時計を見たら朝の8時過ぎ。

あ〜、今日もダラダラな一日になりそう。

 

ツレは朝早くから資格試験の準備のため、隣部屋で勉強をしていた。

こんな時、義両親も子供もいない、2人だけの生活でよかったと思う。

ツレは女房に口出しするような男じゃないし。

 

一人暮らしの方がもっとラクだとは思うけど、経済的なリスクはやはり大きい。

私のようなぐうたら女にとって、夫婦だけの暮らしは最適な家族構成だ。

 

朝ごはんはファストフードが食べたくなったので、傘をさして近所のドトールへ。

ミラノサンドCを持ち帰り、家でコーヒーを淹れ、夫と2人でテレビを見ながら食べた。

 

夫の退職後は、こんな生活が毎日続くのだろう。

どちらかが死ぬか、もしくはどちらかが施設入居するまで、ずっと続くんだろうな。

 

業務スーパーで1個19円の麺とオリバーソースを買って、今夜は焼きそば

f:id:godwasword:20200626195043j:plain

 

夕方、在宅勤務を終えて近所の業務スーパーでお買い物。

キャベツが余っているので、夕飯は焼きそばにしようと思って。

 

いつもは「マルちゃん焼きそば」ひと筋なのですが、たまにはオリバーソースで。

味は、う〜ん、やっぱりマルちゃんの粉末ソースの方が美味しい。

 

焼きそば麺は、1個 19円。

京風だし巻は128円。切るだけでおかずが1品増えるから助かる。味はまあまあ。

 

牛乳パンは、いつかテレビで見た長野のご当地パン。

いつか本物を食べてみたいと思いつつ、長野までは買いに行けませんので、ヤマザキパンでガマン。

 

業務スーパーは肉が安い。だけど、いつか安売りの国産牛肉を食べたら、固くて美味しくなかった。

生鮮野菜や果物は全然安くない。

普通のスーパーに並んでいないような、ノーブランド国産地方メーカーの品がおもしろいね。それと海外製のスイーツとか。

中国産にはやっぱり警戒してしまう。

 

我が家はシニア 2人だけなので、大量に買っても余ることがしばしば。

だから業務スーパーはたまに行って、珍しい品物を見て楽しんでます